審美歯科(しんびしか)は、美に主眼を置いた総合的な歯科医療の分野。歯の務める役目には物を噛むなど機能的な一面と、表情を明るくみせるなどの審美面があり、両者ともに健康に関わっている大切な要素だと言える。

明治の終わり頃、外国帰りの女性たちが、洋風の髪、洋風のファッション、洋式に使う化粧品・美顔術などを紹介したことから、これらを言い表す言葉のひとつとして、美容がけわいに取って代わって使用されるようになった。

トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、頑固な濃いシミを数週間単位という早さで淡色にするのに格段に効果を発揮する治療法で、原因不明の老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・紫外線が原因の肝斑(かんぱん)・しつこいニキビなどに効果があります。

スカルプケアの主な目標は健やかな毛髪をキープすることです。毛髪の水分が失われてまとまりにくくなったり抜け毛が目立ち始めるなど、多くの人が髪の毛のトラブルを秘めています。 「デトックス」というワード自体はそんなに目新しくはないが、として考えていて、医師が施す治療行為とは違うことを知っている人は思いの外

気になる目の下の弛みを改善する方法で有用なのは、顔のストレッチ体操です。顔の筋繊維は無意識下で凝り固まったり、気持ちに関わっていることがよくあるのです。 内臓矯正というものは周辺の筋肉や骨格のせいで位置が合わない内臓を元来あったであろう所に戻して臓器の作用を活性させるという手当なのです。

Comments are closed.

Post Navigation