美白という概念は1995年から1999年頃に化粧品会社創業者・鈴木その子が必要性を訴えてブームになったのは記憶に新しいが、それより前からメラニン色素の増加が原因のトラブル対策の専門用語として使われていたようだ。

美容とは、化粧や整髪、服飾などにより容貌や外見をより一層美しく装うために形づくることを指す言葉。もっぱら江戸時代には化粧(けわい)と同義の言葉として使われていたとのことだ。 さほど目新しいものではないが、これはあくまでも医師が施す治療行為とは違うことを把握している人は意外なほど少ないようだ。

ビタミンA誘導体であるトレチノイン酸を用いた治療は、濃色のシミをいち早く淡くするのに実に適している治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・30〜40代の女性に多い肝斑(かんぱん)・にきび跡などに最適です。

皮ふの奥で作られた細胞はじわじわと時間をかけて皮膚の表面へと移動し、最終的に角質となって、約4週間経てば自然に剥がれていきます。このシステムがターンオーバーなのです。
ネイルケアは、爪のお手入れを指す。健康、ビューティー、巻き爪対策など医学的な処置、生活の質(QOL)の保全など幅広い場面で活躍しており、もはやネイルケアは一つの確立された分野と言えるだろう。
尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)を配合して作られた美肌水は低刺激で皮ふに優しく、皮ふが乾燥しやすい人に最適です。防腐剤や芳香剤など一切添加していないため、お肌の敏感な方でもご使用いただけます。http://xn--w8jxa4azlplod2glfw079aje8armg803l.asia/

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という新しい言葉には、様々な身体機能に損傷を受けてしまった人のリハビリテーションと同じく、顔などの外観に損傷を被ってしまった人が社会復帰への第一歩として勉強する手法という側面があるのです。

Comments are closed.

Post Navigation