よく女性誌や美容の本には、小顔になる、肌がきれいになる、ダイエットにも良いし、デトックスできる、免疫の向上など、リンパ液を流しさえすれば全部叶えられる!という楽天的な謳い文句が並んでいる。

健康的で輝かしい歯を保持するためには、歯を1本1本丁寧に磨いてあげる事を忘れないでください。キメの細かい泡と口当たりの優しい電動歯ブラシなどで、ゆっくりお手入れをしましょう。

中でも寝る前の歯みがきは大切蓄積されたくすみを取るため、就寝前はちゃんと歯をブラッシングすることをおすすめします。ただ、歯みがきは回数が多ければ良いというものではなく、内容の質をアップすることが肝心なのです。

アトピーというのは「場所が特定されていない」という意味を持つアトポスというギリシャの言語から派生し、「何かしらの遺伝的な素因を保有した人に確認される即時型アレルギーによる病気」に対し名前が付けられたと言われている。

アトピーの要因:家族の病歴と既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)の内一種類、もしくは2種類以上)、IgE 抗体を生成しやすいと思われる誘因、など。

乾燥肌というのは、肌に含まれる角質細胞間脂質と皮脂分泌の量が水準よりも減退することで、肌の表皮にある水分が蒸発し、角質層がパリパリになる症状を示しています。

美容とは、整髪や化粧、服飾などにより容姿や見た目をより一層美しくするために手を加えることをいう。なお、江戸時代には化粧(けわい)と同義のものとして使われていたらしい。

近頃人気の頭皮ケアはまたの名をスカルプケアとも呼ばれるお手入れ方法です。スカルプはヘアの悩みの代表である脱毛や薄毛に密接に関わっていると同時に、フェイスラインの弛みにも影響しているのです。

デトックスというものは、様々なサプリメントの使用及び岩盤浴などで、そのような身体の中の有毒な毒素を体外へ排出しようとする健康法のひとつのことを言う。

日本の医療全体がQOL(quality of life=生活の質)を大切に捉える風潮にあり、経済の進歩と医療市場の拡充により、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)は4〜5年前ぐらいから注目を集めている医療分野だろう。

正常なお肌のターンオーバー(新陳代謝)は28日周期になっており、いつも肌細胞が誕生し、何時も剥落し続けているのです。これらの「日々の生まれ変わり」によって私たちの皮ふは若々しい状態をキープしています。
美容外科において手術をおこなったことに対して、恥だという感覚を持ってしまう人も結構多いので、施術を受けた者のプライドやプライバシーに損害を与えないように工夫が大切だとされている。
例を挙げるなら…あなたは今、パソコンを眺めながら頬杖をついてはいませんか?この姿勢は手のひらからの圧力をめいっぱいダイレクトに頬へ当てて、繊細な肌に不必要な負荷をかけることになるのです。 美容悩みをなくすには、最初は自分の内臓の具合を把握してみることが、解消への第一歩になるのです。果たして、一体どうすれば自分の内臓の調子が判明するのでしょうか。

睡眠時間が不足すると皮ふにはどういった影響をもたらすかご存知でしょうか?その代表ともいえるのが皮ふのターンオーバーの遅れです。健康なら28日単位である肌の生まれ変わる速度が遅くなる原因になってしまうのです。

なんとなくモニターに釘付けになっていて、眉間にしわを寄せ、プラス口角を下げたへの字ぐち(余談ですが私はシルエットから取って「富士山口」と勝手に名付けています)をしているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。